ゼクシィ縁結びカウンター

生涯未婚率から見えること

生涯未婚率から見えること

 

50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を「生涯未婚率」といいます。
この生涯未婚率ですが、2015年の国勢調査の結果、男性で23.37%、女性で14.06%にのぼったことがわかりました。
その前の2010年の結果とくらべると大きく上昇しており、過去最高を更新しています。

 

生涯未婚率は5年に1度の国勢調査を元に算出されています。
最新の調査では、5年前の2010年と比較して男性は3.23ポイント、女性は3.45ポイント増えています。

 

生涯未婚率

図出典:HUFFPOST

 

たった5年で男女とも3ポイント強の増加。
世の中の「結婚しない人々」が急激に増えていることが分かりますね。

 

この調査から、男性の約4人に1人、女性の約7人に1人が生涯未婚であることがわかります。
そして、今後この生涯未婚率はどんどん上昇していくと見込まれているわけです。

 

「男性の約4人に1人は結婚しない」ということですが(近いうち、3人に1人になっていくんでしょうね。。)、結婚するのならば、「結婚の意思」のある人と効率よくめぐり会う必要があります。

 

カンタンに参加できる婚活イベントやチープな婚活パーティには、ナンパや遊び相手探しの不届き者がカンタンに参加できます。
結婚しない人や遊び人と沢山知り合ってもまったく意味がありません。
それどころか、かかった費用や時間がムダになります。

 

だから、本気の人しか入らないしっかりした結婚相談所を利用するのは、時間の短縮だけでなく、長い目で見れば費用対効果が高いといえるのではないでしょうか。